カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
ページ内を検索
最近のコメント
  • kasi-friendly×和み農園 2017kasi-friendlyセット募集のお知らせ
    和み農園 (06/28)
  • kasi-friendly×和み農園 2017kasi-friendlyセット募集のお知らせ
    シオン (05/27)
リンク
その他
携帯サイト
qrcode
ヒヨコ到着


ヒヨコが農園にやってきました。

岐阜県の孵卵(ふらん)場で生まれ、すぐにトラックに揺られてはるばる岩手まで。
長旅お疲れ様。

農園に到着した時は、「ピー、ピー、ピー」とずっと鳴き続けていましたが、
もみ殻が敷き詰められ、赤外線電球や白熱電球で暖かくなった育苗箱で一晩過ごすと
慣れた様子で鳴き声も止まりました。



エサもついばみ始め、水も飲んでくれたのでまずは一安心。
エサは、大人と同じものでもいいのですが
若いうちに丈夫な胃腸にするために、
玄米にもみ殻くん炭をふりかけたものを食べてもらっています。

ここ花巻ではそろそろ最低気温が氷点下に達するようになります。

育苗箱の中を最低でも20℃以上になるように管理していきます。
温度が下がるとヒヨコたちは群がり
押し合いへし合いして弱い個体は押しつぶされることもあります。

60日齢にまでなると寒さに対しても平気になりますが、それまではなかなか気を抜けません。
無事冬を越せますように。
 
| | comments(0) | - |
夏バテ気味のニワトリたち


猛暑続きの毎日、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

前回のブログで雨が降らない〜と嘆いておりましたが
その翌日見事に降りましたー。
が、それ一度きり。。。畑はまたカラカラに干上がってきました。

毎日30度、いや平均33度、昨日今日は35度の中
なるべく日陰での作業を中心にはしていますが、それでも暑いです。

そしてニワトリたちも例外ではなく暑そうです。

ニワトリは体温が高く、人の平熱が36度とすると、ニワトリは39〜42度と言われています。
なので、この暑さはかなり応えるのではないでしょうか?
卵を産む数も減ってきています。

ニワトリは暑いとこのように、脇に空気が入るようにしたポーズをとり、口をあけます。


カラスなどでも口を開けている姿をみると思いますが
口から浅い呼吸をすることで、気道からの蒸発をさかんにして体を冷やすのだそうです。

そして脇を広げることによって、体表面積を増やして少しでも体温を下げようとしているようです。

暑いと水も多く飲むので、白身が水っぽくあっさりとした卵になっていると思います。
そんな卵と出会ったら、こんなニワトリたちを思い出してくださいね。

| | comments(0) | - |
ヒヨコ60日齢とさらに自由になったニワトリたち


4月に農園に来たヒヨコたちも60日齢を迎えました。
もうヒヨコっぽくはありませんが、まだピヨピヨと鳴いています。

美人さんのメス鶏。




オス鶏のトサカも立派になってきました。
くちばし下の肉髭も出てきよりニワトリらしく。


こちら同じオス鶏ですがまだ幼い感じです。
鶏によって個体差が表れはじめています。


このニワトリたちがコケッコッコ〜!!と鳴くのはいつになるでしょうか?
乞うご期待です!


そして最近のニワトリたちはさらに自由に。
時々夕方の時間から農園周りの草や虫取りをしてもらっています!?
まさに庭鶏。


遠くに行くときは必ず一群れに一羽のオス鶏がついていって見守っている感じです。




何で出てるんだ???といったところでしょうか。


青草をふんだんに食べて、農園野菜もたくさん食べて
今の時期、卵の黄身はレモン色から濃い黄色になっているものもあります。
ニワトリにも個体差や個性があるので食べる量や好き嫌いによって
黄身の色も若干違っていると思いますので
割り比べてみるのもおもしろいですよ。



 
| | comments(0) | - |
30日齢


4月に農園に来たヒヨコたちも30日齢を迎えました。

もう暖かい熱源も必要ありません。というか、ヒヨコたちによって破壊されました。。
手からエサをあげたりもしていましたが、もう痛くてあげられません。
突く力、とても強くなっています。

初めてのヒヨコで最初はドキドキでしたが
ここまで育ってくれると一安心です。
今日から育成箱の網を外して、広い鶏舎の中で過ごせるようにしました。

こちらオス。いっちょ前にトサカも生えてきましたよ。


こちらはメス。メスは茶色い羽が生えてきています。
ポヤポヤだった羽もしっかりとした羽が生えて見違えるようです。


初めてのヒヨコからの育成、どんな風に成長していくか楽しみです。
| | comments(0) | - |
明日より「初産み卵」販売開始します!


若どりが卵を産みはじめて一ヶ月くらいまでの間、和み農園では期間限定で「初産み卵」として販売していますが、いよいよ明日からのイベント『ウチとソトと』より初産み卵の販売を開始します!
『ウチとソトと』のイベントでは和み農園ともつながりのある出店者さんも参加されますよ。

お野菜セットのkasi-friendlyセットでお世話になっているkäsi-friendlyさんや
お野菜を使っていただいているorganic cafe waccoさんもランチとスウィーツで出店(11日)されるほか、on cafeさんのランチ(11日)では、bakery maru。さんのパンとおかずセットが食べられます。
マーマーな農家つながりでは、風土農園さんやコズミックエナジーの田村さんも参加されます。
つながりがつながりを呼び大きな輪になっていくイベントになると思います。
食と暮らしが一体となった素敵なイベントです。お時間が合えば、ぜひお出かけください。

初産み卵はこのほかに北上江釣子ショッピングセンターパルフレッシュフィールド内「食彩工房」さんと東和町の「産直あおぞら」で販売いたします。

期間限定になっていますので、この機会にご賞味ください。
双子ちゃんも入っているかも!?
| | comments(0) | - |
| 1/5PAGES | >>