カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
ページ内を検索
最近のコメント
  • kasi-friendly×和み農園 2017kasi-friendlyセット募集のお知らせ
    和み農園 (06/28)
  • kasi-friendly×和み農園 2017kasi-friendlyセット募集のお知らせ
    シオン (05/27)
リンク
その他
携帯サイト
qrcode
新米できました!

 

おかげさまで、今年の新米の出荷が始まりました。

まずは、神棚にお供えして今年も無事お米がいただけることに感謝。

 

野菜セットを定期購入してくださっているお客様へは、気持ちばかりですが、お米3合分をお贈りさせていただいています。

今年の新米をご賞味していただけましたら幸いです。

 

 

3月 岩手の春は遅く、まだ福寿草が咲く頃、

お米作りの作業は始まりました。

 

塩水で種籾を選別してから、水に浸すこと約10日間。

 

4月 少し発芽した種籾を一枚一枚トレーに手作業で播いていきます。

 

 

 

4月下旬 田んぼの耕起。

 

5月 その間に稲の苗はグングン生長し、

 

5月下旬 田んぼの代かき。

 

6月初旬 合鴨ヒナ来園。

 

6月初旬 その間に田植えをし、

 

合鴨ヒナ来園から約10日後、田んぼデビュー。

2018.6.12 合鴨、田んぼデビューの瞬間。

和み農園さん(@nagominouen)がシェアした投稿 -

 

6月初旬〜7月下旬

合鴨たちは田んぼで過ごします。

 

7月中旬 合鴨もすっかり鴨らしく立派に成長。

 

今年の合鴨はとても懐っこくて、行くとすぐに寄ってきました。

 

9月初旬

合鴨のおかげで一度も除草作業で田んぼに入ることなく、ここまで育ってくれました。

今年は台風の襲来も多く、稲が倒れるのが心配されました。

 

10月初旬 稲刈りスタート

少し歩いただけで、あちらこちらでイナゴがピョンピョン。

 

はぜ棒に稲藁をかけて、3週間ほどじっくりとお日様の下で自然乾燥させます。

 

どうしても水が引かない田んぼは鎌での手刈りで。

手刈りでの稲刈り作業は思いのほか難航しました。

 

小雨が降る日も多く、そんな中手刈りをしていたのを見かねたのか、

地域の方が手伝い、助けてくださいました。

稲の刈り方、束ね方、はぜへの掛け方などの技を伝授してもらいながらの稲刈り、大変貴重な機会となりました。

 

10月下旬 脱穀スタート

 

脱穀には、いつもお野菜と卵を使っていただいているバダローネのご夫婦も駆けつけてくださいました。

 

こうして振り返ってみると大変だったこともありますが、

お日様、雨、風、水など自然の力、合鴨たち、地域の方々、様々な人や事に助けられて

お米が育ち、今年も無事収穫し、いただくことができているんだな〜と改めて感謝しています。

 

私たちの想いや自然のエネルギーがいっぱいつまった和み米を販売し、お分けしています。

 

白米・玄米とも

3kg   2,400円

5kg   4,000円

10kg 8,000円 

20kgまで宅急便にてお届け可能です。(20kg以上は要相談)

 

配送料金

関東まで 850円(20kgまで)

岩手県内 700円(20kgまで)

旧花巻市、旧北上市、東和町 200円

 

品種は「ひとめぼれ」

粘り・つや・香り・うま味のバランスがよくどんなお料理ともよく合い

特に、卵かけごはんとの相性が抜群と言われています。

 

お申込はHPのご注文フォームか、

下の画像をプリントアウトしてご記入の上、和み農園までFAX(0198-44-2337)

または必要事項を電話、メールにてお知らせください。

 

電話/fax 0198-44-2337

mail nagominouen@gmail.com

 

岩手には「銀河のしずく」や「金色の風」など、すばらしいお米がたくさんありますが

「和み米」も一度は食べてみてほしい、そんなお米になっています。

 

 

| お米 | comments(0) | - |
アイガモたちとの出会いと別れ

 

和み農園のお米は、無農薬、無化学肥料。

除草剤は使わず、除草、抑草はアイガモの力を借りています。

 

今年も5月の下旬に生まれたてのアイガモの雛が到着。

6月の初めに40羽が田んぼデビューを果たしました。

 

 

その除草、抑草能力は高く、昨年はほぼ完全に草を抑えてくれていていました。

(写真は昨年のものです)

 

が!しかし、田んぼデビューからわずか一週間。

アイガモたちは一羽を残していなくなってしまいました。。。

 

ネットの隙間や穴(恐らくキツネの仕業)から、アイガモが脱走して、

別の田んぼの出張除草をしているのを見つけたり、用水路に流されているのが発見されたり。。

 

またアイガモたちを狙う動物は多く、上からはカラスが、

キツネや猫もウロウロしていたり、気が休まらない最中、

ネットを乱暴に引っ張り、できた隙間から何者かが田んぼに侵入し、アイガモたちが襲われてしまいました。

 

残ったのは、こちらの一羽だけ。

 

一羽だけ田んぼに残すのもかわいそうなのでニワトリ小屋の近くに連れて帰ってきましたが

仲間を呼ぶ声も悲しく農園に響きわたっていて、どうしたものかと考えた結果、

近くで同じようにアイガモでの除草をしている農家さんのところにお願いして、仲間入りさせていただきました。

 

最初こそ、先輩のアイガモたちに追いかけられもしていましたが

すぐに慣れて嬉しそうでした。

 

今年は合鴨たちの代わりに、農園主が田んぼに入って除草します!

しっかりと草を抑え、豊作の秋を迎えるのが、合鴨たちへの弔いと信じて。

| お米 | comments(0) | - |
お米の販売が始まります。

 

やっと新米のご案内ができました。

 

今まで自家用としては4年ほど作ってきていましたが、
昨年田んぼを借りることになり、栽培面積が増えました。

除草の部分は合鴨さんに助けていただきながら、
お野菜同様、農薬、化学肥料は一切使用しないハゼ掛けした天日干しのお米です。

 

天日干しは昔ながらの自然乾燥方法で、

刈った稲藁を3週間ほどお日様の下自然乾燥させます。

 

手間と時間はかかりますが、お日様と風の力でじっくりと乾燥されたお米は、

うま味・甘みが増し、一粒一粒に自然のエネルギーが凝縮されているような力強さを感じます。

 

さっそくいただきましたが、ご飯のお供がいらないくらいのしっかりした味わいでした。

 

お米の品種は「ひとめぼれ」。

粘り・つや・香り・うま味のバランスよく、どんなお料理とも合うお米です。

特に、卵かけご飯との相性が抜群!と言われています。

 

ぜひ、お米と卵を一緒にご賞味していただきたく

お野菜セットの宅配はシーズンオフでお休みとなりましたが、

このたび、お米と卵のセットの宅配を始めます!

 

●お米(白米または玄米)

 

●卵

 

●お届け

月一回宅急便にてお届けいたします。

お届けの曜日は火曜日か土曜日をご指定ください。

旧花巻市、旧北上市及び東和町在住の方については、月曜日の午後に直接お届けいたします。

 

●配送料金

関東まで 690円

関東以西 900円

岩手県内 530円

旧花巻市、旧北上市、東和町 200円

 

●その他

配送頻度、精米度合い等お気軽にご相談ください。

単発、お試しでのお申込みもできますので、どうぞご利用ください。

 

●お申込み

お申込みは下の画像をプリントアウトしてご記入の上、和み農園までFAX(0198-44-2337)

または必要事項を電話、メールにてお知らせください。

 

電話/fax 0198-44-2337

mail nagominouen@gmail.com

 

 

また、花巻バダローネさん、盛岡kasi-friendlyさん、東和オーガニックカフェwaccoさん

では小さいサイズのお米を販売していただいています。

こちらもどうぞご利用くださいませ。

 

| お米 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |