カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
アーカイブ
カテゴリー
ページ内を検索
最近のコメント
  • kasi-friendly×和み農園 2017kasi-friendlyセット募集のお知らせ
    和み農園 (06/28)
  • kasi-friendly×和み農園 2017kasi-friendlyセット募集のお知らせ
    シオン (05/27)
リンク
その他
携帯サイト
qrcode
<< 三寒四温 | main | kasi-friendly×和み農園 2017kasi-friendlyセット募集のお知らせ >>
春本番間近!

眠っていた草花がポツリポツリと咲いてくるといよいよ春だなぁと実感します。

桜が咲くと春本番、一気に賑やかな感じになりますが、その前水仙の花がまず咲きます。

 

農園前の桜の木の開花は今日、明日といったところでしょうか。

 

前回のブログからの一ヶ月、農園周りはというと、、

 

新しいヒヨコが仲間入りしました。

岐阜から遥々ようこそ〜。

 

こちらが一ヶ月経ったヒヨコさん。

 

ピヨピヨの鳴き声がかわいらしいです。

 

 

9月末にヒヨコで来園したニワトリたちは3月末より卵を産みだし始めました。

産みはじめはサイズが小さいですが、殻が丈夫で白身の盛り上がりがしっかりしています。


暖かさとともに産卵率もアップしてきました。

 

卵が多いところは人気のある巣箱なんですよ。

 

若鶏の産み初めの卵を「初産み卵」として約一ヶ月期間限定で販売しています。

5月の連休あたりくらいまで販売の予定。

 

北上江釣子ショッピングセンターパルフレッシュフィールド内「食彩工房」さんと

東和町の「産直あおぞら」さんで購入できますので、どうぞよろしくお願いします。

 

昨年、タマネギ→ニンジン畑だったところはハコベやオオイヌノフグリで溢れています。

ハコベのような柔らかい雑草が生えるところは肥えてよい土なんだとか。

 

そこを耕起していつでも種を播いたり、苗を定植したりできるように準備します。

 

タマネギ周りの除草作業。
今年の春は寒さがなかなか緩まず、タマネギの生育もゆっくりです。

 

 

ハウス内で育てている苗も早く畑に出る番を待っています。

 

いち早く畑に出たグリーンピース。

 

4月は風が強い日が多くて、畑に出すタイミングが難しいです。

(風が強いと萎れてしまうので)

天気予報もコロコロと変わるので、こまめなチェックが欠かせません。

 

 

お米の種籾の浸水させて発芽を促しているところです。

水温の積算温度が100度を超えると発芽すると言われています。

だいたい20度前後の水温なので、約10日間ぐらいで発芽かな?というところ。

 

最終的には15日ほどかかって発芽してきました。

白くピョコッと出ているのがお米の芽。

これを苗箱に播いていきます。

 

 

種まき後4〜5日で土の上にお米の芽が出てきます。

田植えは5月下旬の予定。

今年も無農薬、無化学肥料のお米作りに合鴨たちに活躍してもらいますよ。

| 農園の様子 | comments(0) | - |
コメント
コメントする